歯科でも特に技術の必要な根管治療

最近では「歯を抜かずに治療する」という看板を掲げた歯科医院が目立つようになりました。一生自分の歯で物を食べられるのは素晴らしいことですが、進行した虫歯を抜かずに治療するには根管治療が必要になります。



根管は歯の根っこの部分にある管のことで、ここに神経や血管が通っています。
1本の歯につき1~4本程度あって、数も一定していない上に、形も複雑に曲がりくねったりしているため、簡単には治療できません。


虫歯が進行すると根管で細菌が繁殖し、膿が溜まったり神経が腐ったりします。

根管治療は根管の中の汚れを細長い器具で取り除き、薬で除菌し、詰め物をして二度と細菌が入らないようにします。
最悪の場合は神経を抜くこともあります。いずれにしても非常に細かい作業になるため、歯科医には高度な技術力が求められます。

しかも根管治療は歯科医にとって、必ずしも美味しい治療ではありません。

保険の点数が低く設定されているためです。

All Aboutに関連する情報や口コミを扱っているサイトです。

丁寧に治療するほど赤字になる可能性が高いため、本来の手順を省略してしまうことがあります。


すると治療した根管に細菌が入り込み、虫歯が再発することになります。
歯科医院の中には、根管治療は保険外で行なっているところもあります。

高額なマイクロスコープなどの医療機器を使えば、それだけ治癒率も高くなります。


保険の範囲で良心的な根管治療を行なっている歯科医院は、あまり多くないと言われていますが、口コミなどを参考に探してみるのも良いでしょう。

立川の歯科情報を多数比較しておりますので、一参考としていただければ幸いです。